SmartHomeプロジェクト

スマートハウスの本来の定義である、「家電や設備機器を情報か配線等で接続し最適制御を行う事で生活者のニーズに応じた様々なサービスを提供する」(Wikipediaより)
を目標とし、より快適な住環境を身近に簡単に提供する為のシステムを検討し、実証実験をおこないます。
このプロジェクトでは”Smart House”ではなくより身近な物として”Smart Home"の実現を目指します。

リーダ:
 柴田 伸一 (株式会社ユビキタス)

活動内容:
 ビジネス、技術の両方の視点とユーザからの視点を含め、クラウドと情報端末やエンドデバイスを使った快適空間を実現する為の新しいサービスの検討をおこないます。また併せて、サービス実現に向かい必要な技術の研究および開発、ビジネスモデルの構築や実証実験をおこなった結果などを活かし、実サービスの実現へつなげます。

会員ページ:
 スマートホーム(会員ページ)